あなたの担当者 Carolyn Holt
注文の確定
カートの中を見る
 
-
+
取り消し
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
    小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

あなたの担当者
Carolyn Holt
  • Pro 2
  • 07712 891559
取り消し
-
+
¥ スポット注文 Promo ¥ オートシップ注文 Promo
  小計 ¥ スポット注文 ¥ オートシップ注文
Orders in your market are limited to ¥ per month. If you have questions, please refer to our Global Customer Program Terms & Conditions.

現在カートは空です

他の製品も購入する

 

ニュース センター

メイクは本当に見た目の印象を変えられるのか

ビジネスの場において、女性のメイクは戦略的ツールとなり得るのでしょうか。
最近の研究によると、答えはイエスです。職場の同僚からどう見られるかを決めるのは、もしかすると、ちょっとしたメイクの違いかもしれません。

この論議はメイクの科学と呼ばれ、ハーバード大学を始めとする様々な有名機関の研究者達が、メイク(ノーメイクから濃いメイクまで)が周囲からの認識にどのように影響するかについて深く掘り下げて研究しています。

メイクの科学

次の文章に当てはまる言葉を考えてみてください。

“スーツはリーダーシップ、メイクは○○”

ボストン大学で行われた調査によると、ここには“能力”の2文字が入るそうです。

 

つまり、メイクを戦略的に利用すれば、女性は自分をより有能に見せることができるというのです。

このジャンルでは初めてとされるある実験で、25人の女性がそれぞれ、ノーメイクから濃いメイクまで、5段階の異なるメイクをした写真を用意しました(薄←ノーメイク、ナチュラルメイク、プロフェッショナルメイク、グラマラスメイク→濃)。
別の被験者には時間差でこれらの写真を見て、写っている女性がどれほど有能に見えるかを評価してもらいました。
その結果、ノーメイクやナチュラルメイクを抑え、5段階中2番目にしっかりメイクをした「プロフェッショナル風」と、1番しっかりとお化粧した華やかなメイクの「グラマラス風メイク」の女性が、より有能だと評価されました。

何故ダーウィンは正しかったのか、なぜメイクは役に立つのか

チャールズ・ダーウィンは、「外見の美しさは交配相手として選ばれる際に大きなメリットになる」と唱えた最初の人物です。例えば、ショウジョウコウカンチョウという鳥の求愛行動においては、より鮮やかな赤い羽を持つオスの方が成功する傾向にあります。これは実際に、鮮明な色の羽毛が良い食生活と全体的な健康状態を表すものだからです。美しく映ることは昔から望まれていたことだと言えます。

人はいつの時代でも、文化的に一番美しいとされる特徴を強調する方法をあみ出してきました。メイクは古代エジプト時代からその役目を果たしています。実際にボストン大学で行われた実験では、被験者に顔のメリハリを強調するメイク(メイクが濃くなるほど、顔全体のコントラストは強く華やかになる)を施しました。コントラストが強いメイクの女性はより有能であると見なされ、“美しい”生き物は得をするというダーウィンの主張を支持する結果となりました。

40億ドルの顔認証産業

いまや様々なレベルの顔認証システムが世界中で使われています。信頼性の高い方法として警察やスマートフォンで指紋認証が使われるように、一部の顔認証システムも個人認証デバイスとして使用されるほどその性能は高くなっています。

しかしこの新しい顔認証技術を用いても、1,2秒見ただけでその人物の特徴を認識できるほど進化した人間の記憶力にはまだ敵わないでしょう。例えば、しわは年齢を映します。大きな目は若さを象徴するでしょう。透明感のあるくすみのない滑らかな素肌は健康的に見え、赤い唇は血行がよく正常な生殖機能を備えているように見えるかもしれません。

ここでもまた、メイクの科学はその信憑性を証明してくれます。メイクをすることで自宅でも職場でも、周囲からの反応を左右する顔の特徴をカバーしたり、強調したりできるのです。

化粧品の化学:有害か有益か?


古代エジプトでは、皇族も庶民も同じようにコールと呼ばれる鉱物で太いアイラインを引いていました。この鉱物は、現在では眼の感染症を防ぐ抗菌・抗生作用のある成分を含むということが分かっています。

しかし、今ではそのようなシンプルな時代からははるかに離れたところまで来てしまいました。現代の女性は化粧品、香水、ローションなどの様々なスキンケアグッズの使用を通じて、毎日500以上の化学物質を自分の身体に塗っていると言われています。様々な化粧品を併用することの総合的な安全性についてはまだはっきりとしていませんが、誰かにとって安全なものが必ずしも他の人にも安全とは言い切れないという点に関しては、研究者達は皆意見が一致しています。また、安全管理基準の低い国から輸入された可能性のある安価で怪しい化粧品を購入するとなると、すべては帳消しになってしまいます。

しかし科学によればメイクも過ぎたるは及ばざるがごとし

2014年のタイム誌に掲載されたある記事によれば、女性と男性ではメイクの濃さへの認識が若干違うことが示されています。女性が同性に対して好感を持つメイクよりも、男性は女性に対して薄めのメイクを好む傾向があるようです。しかし好みの濃さは男女で差が出たもののこの調査に参加した全ての男女が、ノーメイクよりもメイクを施した顔を支持しました。
メイクをすることは社会からの認識に変化をもたらし、そしてそれは多くの場合個人および仕事上での目的にプラスの影響を与えるということが分かります。

 

そしてメイクをする前に一番重要なのは、日々のスキンケアです。

お肌を若く、健康的で、魅力的に保つ方法を他にもお探しですか? ライフバンテージのトゥルーサイエンススキンケアシステムをぜひチェックしてみてください。外的要因からお肌を守り、日々の健康と美をサポートします。


トゥルーサイエンス ビューティシステム 詳細はこちら

ライフバンテージの目的

身体的健康と経済的健全性が最適化された豊かな世界。それが、私たちの思い描くもの。その実現には、皆さまの幸せが重要だと信じています。だからこそ、最先端のニュートリゲノミクスと躍進するビジネスの機会を融合し、皆さまがレガシーを残せるよう応援します。

Because You Matter. 大切なのはあなたです。
買い物を続ける